未払い残業代を弁護士に相談する場合

未払い残業代を請求することを検討する方が増えています。

自分が超過勤務をした分の報酬である残業代の未払分を経営側に請求していくのは当然の権利になっていきます。
多くの方は、超過勤務分の賃金の未払があっても、経営側には請求出来ずに泣き寝入りをしてしまう場合も多かったりします。

未払い残業代は弁護士を介していくことで、確実に請求していけます。
未払分の残業代も、長期間に渡っていけば高額になってしまいます。
自分が働いた分の未払い残業代を請求し、生活を豊かにしていきましょう。
弁護士に未払い残業代を請求していく際に必要になるのが、自分が雇用されていることを証明する雇用通知と、労働条件を記載している就業規則になっていきます。
どこの会社でも、雇用通知書と就業規則は発行されているはずですので、弁護士事務所に伺う前に揃えておくようにしましょう。

未払い残業代を請求する際に問題になっていく点として、自分が超過勤務をしていたことの証明があるでしょう。
自社がタイムカード等を使って勤務記録を行っている場合は問題はありませんが、中には明確な勤務記録媒体を保持していない企業も存在しています。
自社で勤務記録を保持する仕組みが無いと、未払残業代の請求を諦めてしまう方もいますが、最近の判例では、メールアカウントや社員ID等を使っての業務のタイムスタンプでも、勤務時間の証明になるとされていますので、まずは弁護士に相談をしてみることが大切です。
自分の働いた分を請求するのは労働者として当然の権利です。
信頼出来る弁護士を見つけ相談することから始めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です