未払い残業代を弁護士に相談する方が増えています

未払い残業代の請求を弁護士に相談する方が増えています。

就業規約を超えて労働した超過分についての残業代も、長期に渡っていくと高額になっていきます。
未払い残業代は、弁護士を通じ請求して行けば、確実に請求出来る労働債権になります。

多少の未払分だからと泣き寝入りすることも無く、信頼出来る弁護士に相談を実施して、未払い残業代を経営側に請求していきましょう。
未払い残業代を請求していくには、自分が雇用されていることの証明と、勤務時間を証明するための就業規則が必要になっていきます。
どこの会社でも、何かしらの雇用通知や就業規則は発行されているのが普通でしょう。
弁護士を見つけ相談に伺う前に、自分なりに書類の確認を済ませ、事前の準備を済ませていきましょう。
相談にいく場合に悩むケースで多いのが、自分の勤務記録が明確で無い場合です。
就業先の会社側で、タイムカード等を用いた勤務管理を行っていれば良いですが、中には勤務記録を実施する方法を導入していない企業も存在しているのも実情です。

会社にタイムカード等の勤務記録等の明確な勤務記録が無くても、判例では、メールアカウント等の社内アカウントを用いての業務記録があれば、勤務時間の証明になって行くと言われています。
また、自分なりな就業日報等の記録を行い、備忘録的な形式で勤務記録を残しているような場合も、判例では勤務時間の記録として有効になるとなっています。
信頼出来る弁護士を見つけ相談を進めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です