未払い残業代を請求するには弁護士へ相談が大切です

未払い残業代を請求するケースが増えています。

就業時間を超えて労働をした分についての報酬を受け取っていくのは労働者にとっては当然の権利になっていきます。
弁護士に対して未払い残業代の請求をしていくには、雇用に関する書類と超過勤務に関しての証明が大切になっていきます。
自分が雇用されていることの証明としての雇用通知書と就業時間の証明である就業規則を確認してから弁護士さんへ相談に伺うようにしましょう。

弁護士さんへ未払い残業代の請求をしていくにおいて、気になっていくのが超過勤務についての証明でしょう。
タイムカード等で明確な労働時間の管理をしている企業であれば良いですが、中には、タイムカードによる打刻等の明確な就業時間の管理を実施していない場合も有り得ます。
自分の勤務記録を証明する手立てが無いといって、泣き寝入りをすることはありません。
就業時間中に送受信をしていくメールアカウントのタイムスタンプでも、十分に勤務記録の証明になっていきます。

未払分の残業代を経営側に請求していくのは、労働者にとっては当然の権利になっていきます。
業務で使用するメールアカウントの送受信記録が無くても、自分の日記やメモ書き等でも、超過勤務の証拠になっていく場合もあります。
有効になっていくかの検討も踏まえて、信頼できる弁護士さんを探し、超過勤務分の請求が出来るかの相談を実施していきましょう。
未払残業代も長期にわたると数百万にも及ぶ場合もあります。
諦めずに、信頼出来る弁護士さんへ請求についての相談を実施していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *