未払い残業代請求を弁護士さんに相談する場合

未払い残業代を請求する流れを弁護士さんに相談するケースが増えています。

規定の就業時間を超えて勤務した労働時間分の残業代を経営者に請求していくのは、労働者の正当な権利になっていきます。
経営側も超過勤務分についての未払があると刑事罰に課せられる場合もあり、多くの方が、自分の超過勤務分についての残業代請求を行うケースが多くなっています。
未払い残業代も長期間に渡っていくと高額になっていきます。
場合によっては数百万単位にも及ぶ金額になる場合もあり、弁護士さんに相談して請求するだけの価値は十分にあることでしょう。
未払い残業代を請求していくには、自分が雇用されていることの証明と、超過勤務が発生していることの計算を行うための資料が必要になっていきます。
雇用を証明するための雇用通知書と、就業時間や休日等の規定が記載されている就業規則が手元にあるかの確認を、弁護士さんに相談をする前に済ませておきましょう。
勤務時間については、タイムカードの打刻等の勤怠管理を行っている会社であれば良いですが、中には明確な労働時間の管理を実施していない会社もあることでしょう。
自社でタイムカード等による就業時間管理を実施していなくても、就業時間中に使っているメールアカウント等の送受信履歴あらでも、超過勤務が発生したことの証明を行っていくことは出来ます。
状況によっては、自分の日記等の備忘録でも、超過勤務を証明できるようになる場合もあります。
超過勤務も続けば高額になっていきます。
信頼できる弁護士を見つけ相談をしていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です