未払い残業代を請求する場合は弁護士へ相談を

未払い残業代を請求するために弁護士へ相談する方が増えています。

就業規則に記載された勤務時間を超えて働いた分が給与に反映されず、労働者が泣き寝入りするケースは、実は増えています。
雇用通知書を交わした段階で、労働者側には、超過勤務の分に対しての労働報酬を受け取る正当な権利が発生しています。
就業規則に書かれている勤務時間を超過して働いた分に対する残業代については、経営側に請求を行っていくことが出来ます。
信頼できる弁護士を探し、未払い残業代分についての請求を実施していきましょう。

未払い残業代を請求していくには、雇用を証明する書類である雇用通知書と、就業条件についての記載がある就業規則が必要になっていきます。
会社勤めをしている方であれば、何かしらの雇用契約や就業条件の関する書面を保持しているはずです。
明確な就業条件が確認でき、自分が超過勤務を行った分の残業代が支払われていないことが証明出来れば、未払い残業代を請求していくことは可能になります。
未払い残業代の請求を行うことで弁護士に相談をしていく方で悩むケースに、自社でタイムカード等による勤務時間の管理を行っていないため、超過勤務の証明が難しいというケースがあります。

超過勤務を証明していくためには、タイムカード等での証明だけでは無く、会社で使用をしているメールアカウントの送受信記録を用いていくことでも対応ができるようになっています。
勤務時間を証明できる公的書面が無いからといって、残業代請求を諦めることはありません。
信頼できる弁護士さんを見つけ相談依頼をしていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *